無料ブログはココログ

« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »

2006年5月21日 - 2006年5月27日の7件の記事

メンタルヘルス・マネジメント検定のテキスト販売開始

いよいよ「メンタルヘルス・マネジメント検定」のテキストの販売(予約)がはじまりました。検定試験のホームページもでき、いよいよ本格的に始動という感じです。
さっそくテキストを買って、研究したいと思います。

第1回の試験は、平成18年10月8日(日)で、I 種(マスターコース)、II 種(ラインケアコース) 、III 種(セルフケアコース) のすべての試験が行われます。
第2回の試験は、平成19年3月18日(日)で、このときは
II 種とIII 種の試験しかないようです。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキストⅢ種(セルフケア)

メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキストⅡ種(ラインケア)

メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキストⅠ種(マスター)

第1回試験、チャレンジしてみます!!

(おなけん)

『論理療法トレーニング』

今、『論理療法トレーニング―論理療法士になるためにを読んでいます。今日で読み終わるかと思いますが、論理療法についてわかりやすく書いてあってオススメの一冊です。

さて、そのなかで、本論とはちょっと外れた記述で、「アメリカ人は失感情的だといわれている」というものがあり、、アメリカ人は感情をオーバーアクションで表現するというイメージが私にはあったので、ちょっと驚きでした。この本は訳本なので、アメリカ人が書いたものなので、説得力はあると思います。
では、なぜアメリカ人は失感情的なのかというと、それは以下のように書かれています。

英語は、感情を表す言語が貧弱です。そのうえ、感情について話し合わないまま、育てられます。夕食の席で、両親は私たちがその日何をしたか聞くことはあっても、したことについてどう感じたかを聞くことはまれです。アメリカの文化では、とくに男性が感情を露わにすることを事実上タブー視しており、…

これを読んで、日本人も似たようなものだなと思いました。みなさんは感情を表す表現をたくさんもっていますか?感情をあらわす表現をどれだけもっているかということは、感情をどの程度評価(大切に)しているかというこを示しているといえます。

たとえば、エスキモーは雪の変化を描写するのに数え切れないほどの言葉を持っていますし、アラビア語には、砂の変化についての描写が山ほどあるのです。

カウンセラーだけではなく、みんなが感情を大切にする社会になると良いな~、と感じました。そうすると、思いやりのある素敵な世の中になるのではないかと、淡い期待もしてみました。

(おなけん)

アンチエイジング

「アンチエイジング」という言葉を良く聞くが、個人的には、人は自然に、素敵に歳をとっていくもので、それに逆らうことはないという意識をもっていました。しかし、先日行ったソフトボールで、すっかり日焼けしてしまって、このままではしみ・そばかすができると思い、昨日薬局に日焼け後のローションなどを見に行きました。

すると、ズラリと美白やしみ・そばかす防止などという錠剤やローション、クリームなどが棚一杯に並んでいました。以前ならそれを、ちょっと引いてみていたと思いますが、真剣に見てしまいました。「どれが効くのか」「どんな効果があるのか」「値段は」などなど、小一時間くらい費やして、錠剤とローションのビンをそれぞれ一本買いました。結構良い値段でした。

ついさっきも、買った錠剤を飲みました。効きますように…

て、我ながら自分の豹変振りに心の中で笑ってしまいました。アンチエイジングの気持ちが少しわかった今日この頃でした。

(おなけん)

話題

私は仕事柄、色々な人に会う機会がありますが、なかには無口で、仕事の話以外はしないという人もいます。そういう人と移動のために電車や車に乗ると「どうしよう」と新人の頃思っていました。そんなとき、上司が「木戸に立ちかせし衣食住」ということを教えてくれました。

キ→気候
→道楽、趣味
→ニュース
→旅
チ→知人
→家事、家庭
ケ→健康、病気
セ→セックス-恋愛
→仕事
→着ているもの
→食べ物、おいしい料理やお店
→住んでいるところ

新入社員の方などに参考になればと思います。

(おなけん)

産業カウンセラー試験の試験時間

平成18年度の「産業カウンセラー試験」は、学科が平成19年1月14日(日)、実技試験が1月27日(土)・28日(日)となっています。
前年度とは大幅に試験日が変更になっていました(17年度は、17年11月27日(日)が学科試験の試験日でした)。
試験時間の方はわかりませんが、一応17年度の時間割を参考のために以下に記します。

集合時間 13:00
学科試験Ⅰ 13:30~15:00
学科試験Ⅱ 15:30~16:15

学科試験
Ⅱは逐語問題です。周りの声からすると、Ⅱの試験時間は結構短いと感じるみたいです。個人的には時間が余ったのですが、これはどれくらい考えるかによっても変わってくるのかもしれません。逐語問題は、考えすぎると答えがわからなくなってくることもあるので、案外「これ」と思ったものにしていった方が良いのではないかと思います。

(おなけん)

勉強会の準備

7月30日に行う「(産業)カウンセリングの基礎/傾聴(面接対策)勉強会」への申込みが少しずつ出てきました。とてもうれしく、がんばらねばという気になっています。準備の方は、ゴールデンウィークから開始し、現在完成したレジュメのチェックなどをしています。きっと満足していただけると思って用意しています。

しかし、いくら準備しても、ほんとうに大丈夫かというと、正直不安な面、というか自信が100%という状態にはなりません。参加者の方に満足して、喜んで帰って欲しいという思いが強すぎるのかもしれません。また、私自身が色々なセミナーや講習に参加して、半分以上の確率で、ガッカリするもの(お金返してというもの)が多いから、それに対するプレッシャーもあるかもしれません。

それと講師業の経験がないということも大きいかもしれません。他のメンバーはそれなりの経験があるのですが、私はマンツーマンや少数の人へのセールスや説明という経験はありますが、多数の人にわかってもらうという勉強会等は初めての経験です。期待と不安が錯綜しております。

いずれにせよ、今からしっかり準備していますので、参加者に期必ず満足のいくものを提供できると思います。ですから、少しでも興味があって、お時間のある方は是非参加してみてください。

(おなけん)

久しぶりの運動

久しぶりにソフトボールをしました。日差しも強く、すっかり日焼けしてしまいました。一年ぶりくらいの本格的な運動で、体は悲鳴を上げています。しかし、余計なことを一切考えずに、一日を過ごしたので、精神的にはすっきり、リラックスできました。

ストレス発散には、なぐる、ける、打つ、たたく、などが良いといわれていますが、確かにそのとおりだと思いました。特に余計なことを考えずにそれをするには、実際に試合やプレーをしてみることでしょう。ゴルフとかもしていても、余計なことを考えることができないので、すっきりします。

自分自身ではストレスは溜まっていないと思っていたのですが、今回のソフトボールによって、それなりに蓄積していたことを事後的に感じました。ストレス発散した今の状態から自分をみると、よくわかります。最近は怠け癖がついて運動をしていなかったのですが、これからは定期的に、意識的にしていきたいと思います(と、以前も思っていのですが、なかなか継続は難しいものですね^_^;)。

(おなけん)

« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年5月28日 - 2006年6月3日 »