無料ブログはココログ

« 第21問 | トップページ | 第23問 »

第22問

「傾聴」の姿勢を適切に取り続けた場合、「過去の事柄や心情の話が減り、いまここでの話や将来の話が多くなる」というような変化が、クライエントに生じるでしょうか?



第21問の解答「生じる」。
カウンセラーの傾聴により、クライエントの自己探索がすすむと、クライエントは症状や問題に潜んでいた自分のかかわりを理解できるようになり、また、自己を受容することもすすんでくる。ゆとりも自信もできてくる。そうした成長した段階から自分を振り返ってみると、初期の問題や症状は軽減してくる。


人気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)

« 第21問 | トップページ | 第23問 »

一問一答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第22問:

« 第21問 | トップページ | 第23問 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック