無料ブログはココログ

« 労働条件対等決定の原則 | トップページ | 強制労働の禁止 »

均等待遇の原則

労働基準法第3条では、「使用者は、労働者の国籍、信条または社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱いをしてはならない。」としています。

これは、憲法第14条の「法の下の平等」を労働関係の場で具体化を図った規定といえます。
ここでいう「国籍」には人種も含まれると解され、「信条」には宗教的信条のみならず政治的信条および思想・良心をも含みます。
「社会的身分」とは、自分の意思に基づかない地位や状態をいい、アルバイトやパートタイマーといった働き方を指すものではありません。また、性別については第3条では規定していません。

人気blogランキングへ<(_ _)>

(SYN)


« 労働条件対等決定の原則 | トップページ | 強制労働の禁止 »

産業カウンセラーを目指す人のための労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11902646

この記事へのトラックバック一覧です: 均等待遇の原則:

« 労働条件対等決定の原則 | トップページ | 強制労働の禁止 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック