無料ブログはココログ

« 強制労働の禁止 | トップページ | 仲間 »

中間搾取の排除

労働基準法第6条では、「何人も、法律に基づいて許される場合のほか、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない。」としています。

具体的には、賃金のピンハネがその典型ですが、営利を目的として反復継続して労働者を作業場などに送り込み、そこから手数料や報奨金などを得ようとする行為を禁止するものです。
ここでいる法律で許される場合とは、厚生労働大臣の許可を得て有料職業紹介事業を行うような場合や労働者派遣事業を行うような場合です。

人気blogランキングへ<(_ _)>

(SYN)

« 強制労働の禁止 | トップページ | 仲間 »

産業カウンセラーを目指す人のための労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11902632

この記事へのトラックバック一覧です: 中間搾取の排除:

« 強制労働の禁止 | トップページ | 仲間 »