無料ブログはココログ

« 勉強会を終えて | トップページ | 幸せ »

労働者のストレス状況

◇調査とその結果概要

○保健福祉動向調査(2000年、厚生労働省)
・回答数:約32,000人
・就労年齢のほぼ全般(男性15歳~54歳、女性15歳~64歳)にわたって、「ストレスが大いにある」が10% を超える。
・ストレスの内容としては、「仕事上のこと」が男性の25~64歳で最多であり、女性の25~44歳では「収入・家計」に次いで多い。

○国民生活基礎調査(2001年、厚生労働省)
・集計数247,195世帝
・15歳以上の有職者で「悩みやストレスがある」者の割合は男性47.1%、女性56.3%。
・男性、女性とも35~44歳が最も高率。職種別では、男性で管理的職業従事者、女性で専門的・技術的職業従事者が最も高率。

○労働者健康状況調査(2002年、厚生労働省)
・対象:16,000人の労働者、有効回収率72.8%
・「仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスがある」労働者の割合は、61.5%(男性63.8%、女性57.7%)。

○2004連合生活アンケート調査(2004年、日本労働組合総連合会)
・集計数:連合組合員約2万1千人
・仕事上で精神的ストレスを感じている状況は、「常に感じている」18.4%(男性18.6%、女性17.5%)、「感じることが多い」21.8%(男性22.1%、女性19.8%)、「時々感じている」37.3%(男性37.0%、女性39.6%)。
・男性では30歳代後半~40歳代前半がピーク。女性では20歳代後半と40歳代が比較的多い。
・ストレスの原因は、「仕事量が多すぎる」(39.9%)が最多で、「長い時間神経を集中する」「自分の職場や仕事の将来が心配」「働く時間が長い」「職場の人間関係がよくない」の順に多い。

人気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)


« 勉強会を終えて | トップページ | 幸せ »

メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅱ種-ラインケアコース) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/12047052

この記事へのトラックバック一覧です: 労働者のストレス状況:

« 勉強会を終えて | トップページ | 幸せ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック