無料ブログはココログ

« 産業カウンセラー倫理綱領(倫理委員会) | トップページ | 試験対策テキストについて »

産業カウンセラー倫理綱領(実効性の確保)

第5章 実効性の確保
(相互啓発と違反者への対応)
第23条 産業カウンセラーは倫理綱領の施行に協力し、自己のみならず他資格者との相互啓発に努め、産業カウンセラー全体としての高い倫理的基準を維持することに努める。

2 産業カウンセラーは、他の産業カウンセラーの倫理に反する行為または不適切な行為に接したときは、その産業カウンセラーに対し是正することを求め、必要な場合は支部または本部倫理委員会に対し問題提起する。また、倫理委員会による調査、意見聴取には誠意をもって協力する。

3 協会理事会は違反行為について処分を行うことができる。

4 処分の内容は以下のとおりとする。
(1)産業カウンセラーに関する各種資格称号の取消し
(2)資格停止
(3)成告(始末書提出)
(4)訓戒(始末書提出)
(5)始末書提出

5 被処分者が処分について異議がある時は、会長にたいし再審査を求めることができる。

(処分決定機関)
第24条 前条第3項および第4項に基づく処分については、本部倫理委員会の議を経て協会が決定する。

人気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)

« 産業カウンセラー倫理綱領(倫理委員会) | トップページ | 試験対策テキストについて »

産業カウンセリング概論 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11432476

この記事へのトラックバック一覧です: 産業カウンセラー倫理綱領(実効性の確保) :

« 産業カウンセラー倫理綱領(倫理委員会) | トップページ | 試験対策テキストについて »