無料ブログはココログ

« 青年期の悩みのその後 | トップページ | 就業規則の周知 »

労働者の代表

就業規則の作成・変更に当たり、使用者は労働者の代表の意見を聞かなければなりません。
また、36協定などの労使協定は、使用者と労働者との代表の間で締結します。

これらの場合の「労働者の代表」とは、会社や商店の本店、支店等のそれぞれの事業場ごとにみて、
(1) 労働者の過半数で組織する労働組合がある場合にはその労働組合
(2) 労働組合がない場合や、労働組合があってもその組合員の数が労働者の過半数を占めていない場合には、労働者の過半数を代表する者
をいいます。

ここで言う、「労働者の過半数を代表する者」とは、その事業場の労働者全員の意思に基づいて選出された代表をいいます。
過半数を代表する者は、次のいずれにも該当しなければなりません。
(1) 監督又は管理の地位にある者でないこと。
(2) 従業員の代表者を選出することを明らかにして、実施される投票、挙手等の方法による手続きにより選出された者であること。
過半数の基礎となる労働者の範囲には監督又は管理の地位にある者(工場長、人事部長等)も含まれますが、代表する者として適格と判断されるためには、使用者に対して自主性を有する立場の人でなければなりません。
すなわち、監督又は管理の地位にある者は労働者の代表としては不適格ということになります。

選出方法の例
○ 投票を行い、過半数の労働者の支持を得た者を選出する
○ 挙手を行い、過半数の労働者の支持を得た者を選出する
○ 候補者を決めておいて投票とか挙手とか回覧によって信任を求め、過半数の支持を得た者を選出する
○ 各職場ごとに職場の代表者を選出し、これらの者の過半数の支持を得た者を選出する

なお、 次のような選出方法は認められません。
・ 使用者が一方的に指名する方法
・ 親睦会の代表者を自動的に労働者代表とする方法
・ 一定の役職者を自動的に労働者代表とする方法
・ 一定の範囲の役職者が互選により労働者代表を選出する方法

また、当然のことですが、過半数代表者になろうとしたこと、過半数代表者であること、過半数代表者として正当な行為をしたことを理由として、事業主が労働者に対して不利益な取扱いをすることはできません。

(SYN)

« 青年期の悩みのその後 | トップページ | 就業規則の周知 »

産業カウンセラーを目指す人のための労働法」カテゴリの記事

コメント

良いアドバイスがありました。
同じことをすれば良いのでないか、と。
ありがとう。早速 心安い人の名前を
借りて実施します。
  

民主的に労働者代表になり、労基にも説明して、問題なしの代表者になりました。当然に立候補での選出でした。締め切り期日もありました、が、締め切り後、負けた方の有志達が選挙管理委員会や委員長を設立し、勝手に選挙まで実施して、本日 労働者代表を名乗りでました。有志達は、会社関与の連中であり、投票用紙まで用意して部長が個別に用紙の配達での選挙でした。 
弁護士に相談すると、後の選挙自体 正当性がなく
選挙など無効である。でしたが、有志達の強引な
やり方には、「長いものに巻かれろ」の考えであり
正義もごり押しには負けてしまいます。
何か良い知恵は無いでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11256833

この記事へのトラックバック一覧です: 労働者の代表:

« 青年期の悩みのその後 | トップページ | 就業規則の周知 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック