無料ブログはココログ

« 労働者の代表 | トップページ | 勉強会参加者の感想 »

就業規則の周知

使用者は、就業規則を作成、修正した場合、各労働者に配布したり、各職場に掲示したりするなどにより労働者に周知しなければなりません。

就業規則は、労働者の労働条件や職場で守るべき規律などを定めたものですから、労働者全員に知らせておかなければ意味がありません。
できれば労働者の一人ひとりに就業規則を配布することが望ましいのですが、少なくとも各職場の見易い場所に掲示するか、あるいは労働者がいつでも見ることができるような場所に備え付けるなどの方法により、労働者に就業規則を周知させなければなりません。

周知方法として、就業規則を磁気テープ、磁気ディスク、その他これらに準ずるものに記録し、各作業場に当該記録の内容を常時確認できる機器を設置し、労働者が必要なときに容易に見ることができるようにしておくことでもよいこととなっています。
特に、新たに就業規則を作成し、あるいはその内容を大幅に変更した場合には、その内容がすべての労働者に確実に、かつ速やかに周知されるようにすることが必要です。

ちなみに、私の会社ではペーパーレス化され、社内のイントラネットで就業規則を閲覧することができます。皆さんの会社ではどうなっていますか。

(SYN)

« 労働者の代表 | トップページ | 勉強会参加者の感想 »

産業カウンセラーを目指す人のための労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11256853

この記事へのトラックバック一覧です: 就業規則の周知:

« 労働者の代表 | トップページ | 勉強会参加者の感想 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック