無料ブログはココログ

« サークル活動のきっかけ | トップページ | 青年期について »

大学生のキャリア形成をどう支援するか

労働政策フォーラム「大学生のキャリア形成をどう支援するか」(7月27日開催)の配付資料がホームページに掲載されていました。

ここでのキャリアは、仕事と同義のようで、いかに大学生を職に就かせるかということがテーマのようです。
このような類のものはどうも問題の本質を捉えていないのではないかと思うことがあります。
そもそも仕事ありきで議論しているのがどうかと思います。

自分の人生の楽しみ方をみつけ、それに合わせた働き方を選択できるような体制をつくることの方が大切なような気がします。

そこで、まず自分自身をみつめ、どうなりたいのか、どうしたいのかということを大学生自体が決定できるような支援が必要でしょう。
キャリアガイダンスばかりが前面に出すぎて、ライフガイダンスが全く行われていないのではないかのではないでしょうか。大体会社に入って一生懸命働いて、それが生きがいになる。そんなパターンが今までだったのでしょう。
それが何かおかしいぞ、と今の大学生は肌で感じているのではないでしょうか。
「なぜ働くのか?」さらには「なぜ生きるのか?」、それがよくわからないまま一生懸命働くというのはやっぱりおかしいでしょう。

今日の新聞には他国と比べて、日本人の父親は子供と過ごす時間が短いのが課題とありましたが、「仕事のために生きる」という選択をしている以上そうなるのは必然的です。
おかしいと気付いた人たちから少しずつ行動をおこしていくことが重要だと感じています。

あなたは仕事と家庭どちらを選ぶといわれて、第1に家庭のために
行動することができますか?

(おなけん)

« サークル活動のきっかけ | トップページ | 青年期について »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11217817

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生のキャリア形成をどう支援するか:

« サークル活動のきっかけ | トップページ | 青年期について »