無料ブログはココログ

« ホランドの理論 | トップページ | アロマセラピー(芳香療法)について »

シャインの理論

シャインは、キャリアを「人の一生を通じての仕事」「生涯を通じての人間の生き方、その表現の仕方」であるとし、「キャリア・アンカー」(個人が選択を迫られたときに、その人が最も放棄したがらない欲求、価値観、能力などのこと)を提唱し、これを8つ(専門的コンピタンス、経営管理コンピタンス、安定、起業家的創造性、自律(自立)、社会貢献、全体性との調和、チャレンジ)に分類した。
このキャリア・アンカーの構成要素としては、①才能・能力、②動機、欲求、③価値などを挙げている。
そして、キャリア・アンカーを探ることは、キャリアにおける個人のニーズを明確化し、自分のキャリアの方向性を明らかにできるとしている。

この理論によって、クライエントの自己理解などの場面で、クライエント自身のキャリア・アンカーに着目・明確化にすることの重要性と、それによってカウンセリングを円滑かつ効果的に行うことができるという点で、キャリア・コンサルティングに活用することができる。

気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)

« ホランドの理論 | トップページ | アロマセラピー(芳香療法)について »

キャリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11430910

この記事へのトラックバック一覧です: シャインの理論:

« ホランドの理論 | トップページ | アロマセラピー(芳香療法)について »