無料ブログはココログ

« 産業カウンセラー倫理綱領(知的財産権の尊重、遵守義務) | トップページ | 産業カウンセラー倫理綱領(個別面接と組織への働きかけ) »

産業カウンセラー倫理綱領(実践能力とその限界)

第2編 行動規範
第2章 産業カウンセラーの行動倫理
(実践能力とその限界)
第9条 産業カウンセラーは、自己の受けた教育、訓練、職業経験などに基づいた、援助専門家としての能力の限界をわきまえ、実践する。

2 産業カウンセラーが自己の能力の限界を自覚した場合は、適切なスーパービジョンあるいは他の分野の専門家のコンサルテーションを求め、その助言によっては、クライエントの同意を得て他の専門家に紹介する。

人気blogランキングへ<(_ _)>

(おなけん)

« 産業カウンセラー倫理綱領(知的財産権の尊重、遵守義務) | トップページ | 産業カウンセラー倫理綱領(個別面接と組織への働きかけ) »

産業カウンセリング概論 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11432105

この記事へのトラックバック一覧です: 産業カウンセラー倫理綱領(実践能力とその限界) :

« 産業カウンセラー倫理綱領(知的財産権の尊重、遵守義務) | トップページ | 産業カウンセラー倫理綱領(個別面接と組織への働きかけ) »