無料ブログはココログ

« ストレスへの気づき | トップページ | 職業性ストレス簡易調査票 »

労働者

労働基準法における労働者とは、第9条で「事業または事業所に使用される者で、賃金を支払われる者」とされています。
すなわち、「事業に使用される者」で、かつ、「賃金」を支払われる者です。「使用される」とは、一方が他方の指揮命令に服していること、あるいは、使用従属関係にあることとされています。
なお、「賃金」とは、名称のいかんを問わず「労働の対償」として「使用者」が「労働者」に対して支払うすべてのものをいいます。

ところで、労働基準法では、「労働者」は「使用される者」ですから失業者は含まれませんが、労働組合法では、「職業の種類を問わず、賃金、給料、その他、これに準ずる収入によって生活するものをいう」と定めています。
これは、他人との間に使用従属関係にたって労務に服し、報酬を受けて生活するものをいうのであって、現に就業しているか否かは問わない、と解釈されており、「使用される者」に限定されず失業者も含みます。

(SYN)

« ストレスへの気づき | トップページ | 職業性ストレス簡易調査票 »

産業カウンセラーを目指す人のための労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10643784

この記事へのトラックバック一覧です: 労働者:

« ストレスへの気づき | トップページ | 職業性ストレス簡易調査票 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック