無料ブログはココログ

« あがり症の克服① | トップページ | 仕事以外のストレス »

管理・監督者

部下を指揮・監督して経営組織を分担し業務を遂行している工場長、支店長、部長、課長、などの職制は、「監督もしくは管理の地位にある者」(管理・監督者)として「使用者」に該当しますが、一方で「事業または事務所に使用される者で、賃金を支払われる者」でもあり、「労働者」にも該当します。つまり、「管理・監督者」は労働者と使用者の二重の地位をもっています。

「管理・監督者」とは、「使用者」のために「その事業の労働者に関する事項ついて、事業主のために行為する者」であり、労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある労働者になりますが、部長、課長などの名称にとらわれず実態に即して判断されます。
また、取締役であっても工場長や支店長などの職制を兼務し、その業務に対し賃金を支払われている場合、「管理・監督者」となります。

「管理・監督者」の労働時間や休日・休憩については、労働基準法第41条で適用が除外されており、時間外労働に対して割増賃金の支払いの義務はありません。
しかし、深夜の労働(いわゆる深夜残業)については除外されていないため割増賃金の支払いの義務があり、年次有給休暇も与える必要があります。

(SYN)

« あがり症の克服① | トップページ | 仕事以外のストレス »

産業カウンセラーを目指す人のための労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10643770

この記事へのトラックバック一覧です: 管理・監督者:

« あがり症の克服① | トップページ | 仕事以外のストレス »