無料ブログはココログ

« 専門相談機関について | トップページ | 『正しさの考え方』 »

薬について

○抗うつ薬
-脳内の神経伝達物質の働きを回復させる作用のある薬
例)三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、など

・三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬の副作用:眠気、眼のかすみ、口の渇き、動悸、便秘、立ちくらみ、など(三環系抗うつ薬の方が副作用は強く出現
SSRI、SNRIは副作用が少ない(吐き気などの消化器症状あり)

効果の発現:ゆっくりで、病気の状態がよくなってからも、半年~1年という長期継続の服薬が必要

○抗不安薬・睡眠剤

○抗精神病薬

※薬については、周囲の知識のない人の意見に流されないように、医師の指示どおり服薬することが重要

(おなけん)

« 専門相談機関について | トップページ | 『正しさの考え方』 »

メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅲ種-セルフケアコース) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10619274

この記事へのトラックバック一覧です: 薬について:

« 専門相談機関について | トップページ | 『正しさの考え方』 »