無料ブログはココログ

« 『あがり・話しベタ……』を読んで② | トップページ | 明日は勉強会 »

『人前でアガらない話し方のコツ』を読んで

今日は『人前でアガらない話し方のコツ―ドキドキ・ビクビクさようなら』を読みました。

今回もいくつか私がマーカーを引いたところを紹介したいと思います。

まず、はしがきに書かれた「やっぱり」という一文です。

アガリを取り除くには最後はなれしかありません。しかし、そのためには痛みを伴います。

年をとれば羞恥心も薄れ、その時には何とか話せるだろうと思っている人が射ると思います。それは大きな間違いです。そんなことはありません。しっかりとアガリます。

アガリをクリアーしていくためには、少しずつ自信をつかみとっていくようにします。無理なく少しずつ進んでいけばいいのです。無理がいちばん禁物です。

・「三つの工夫」でアガリを押さえる
①話す場所(演壇)のセッティングを自分流に
②体を動かす“出だしの儀式”と資料配り
③質問により聞き手にプレッシャーを与える

「実行あるのみです」という最後の締めくくりの言葉が印象的でした。
「悩んでばかりいないで、一歩を踏み出そう」と自分に言い聞かせると、
なんかがんばれそうな気がしました。

(あがり症克服勉強会・おなけん)

« 『あがり・話しベタ……』を読んで② | トップページ | 明日は勉強会 »

あがり症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/11045872

この記事へのトラックバック一覧です: 『人前でアガらない話し方のコツ』を読んで:

« 『あがり・話しベタ……』を読んで② | トップページ | 明日は勉強会 »