無料ブログはココログ

« 心の健康問題への誤解 | トップページ | 過重労働の健康への影響 »

心の健康問題に関する近年の動向

従来:メンタルヘルス不全→個人の問題
・自殺=自損行為→労災の業務上認定×
・うつ病=内因性による精神障害
→労災の業務上認定×

近年:メンタルヘルス不全者や自殺者-一定の要件を満たせば労災認定の対象
業務と関連性をもつメンタルヘルス不全→事業者の管理責任、企業のイメージダウン

メンタルヘルス不全の労働者→自らを責めない
→職場の改善すべき点、勤務状況の変更、直属上司・産業保健スタッフなどに何らかの対処を要求
→労働者の1つの権利

(おなけん)

« 心の健康問題への誤解 | トップページ | 過重労働の健康への影響 »

メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅲ種-セルフケアコース) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10593486

この記事へのトラックバック一覧です: 心の健康問題に関する近年の動向:

« 心の健康問題への誤解 | トップページ | 過重労働の健康への影響 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック