無料ブログはココログ

« 36協定 | トップページ | あがり症克服への取組み »

あがり症克服勉強会について

私は極度のあがり症です。以前、毎日新聞で以下のような記事が掲載されていました。

[上がり性:実は病気? 社会不安障害は300万人]
 大勢の前でのスピーチが苦手とされる日本人。実はそうした人の中には、精神の疾患「社会不安障害」(SAD)の可能性があるという。国内の患者数は推計300万人ともいわれる。
 上がり性は普通、年齢とともに収まってくるが、そうでない人もいる。田島治杏林大教授(精神保健学)は、「症状を抱えていても、病気と思わない人が多い。人前に出ることへの不安感が強い人は一度精神科を受診してみては」と話す。
 SADは外傷後ストレス障害(PTSD)などと同じ不安障害の一つ。以前は「対人恐怖症」などと呼ばれたが、明確な疾患とはされていなかった。人前で恥ずかしい思いをするのではないかと不安になり、大量の発汗や動悸(どうき)、頭痛などの症状が続く。上がり性との違いは、SADは不安が著しく強いため日常生活が送りづらくなる点だ。
 日本国内では昨年10月、アステラス製薬などが開発したうつ病治療薬がSADにも使えるようになった。これまで心理療法が主流だったが、この薬の登場で薬物療法を求める患者が増えているという。だが、薬に頼る治療法には異論もある。ある精神科医は「ある症状を一つの病名で表しにくいのが精神疾患。薬には副作用がないとは言えないので、すぐに薬を飲むというのではなく、医師と相談しながら心理療法を取り入れることも一つの手です」と指摘する。

こういう記事を読むと、自分はあがり症ではなくSADではないかと思ってしまいました。もしかしたら私と同じようなことを感じている人もいるのではないでしょうか?
そこで、自分は「あがり症」だと思っている人で、それを克服したいと思っている方がいらっしゃったら、ぜひ一緒に取り組みませんか。場所は、都内で夕方6時半から2時間ほどと思っています。費用は会場費等として1回1000円~2000円を考えています。もし感心・興味がある人がいましたらこちらまで、件名を「あがり症克服勉強会開催希望」としメールしてください。人数が集まったら、開催したいと思います。みなさんからのご意見・ご感想もお待ちしております<(_ _)>

(おなけん)

« 36協定 | トップページ | あがり症克服への取組み »

勉強会のお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10403052

この記事へのトラックバック一覧です: あがり症克服勉強会について:

« 36協定 | トップページ | あがり症克服への取組み »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック