無料ブログはココログ

« ストレスによる健康障害メカニズム② | トップページ | ストレス関連疾患(心身症) »

産業ストレス

・仕事に関するストレスを自覚している労働者の割合
→1997年以降6割超
・自殺者総数
→1998年以降3万人超
・有職者の自殺件数
→7千から9千人
・業務による精神障害の労災申請や認定件数は年々増加
→2004年度、
労災申請527件、認定件数130件(24.7%)
・脳・心血管障害(過労死)
2004年度、労災申請816件、認定件数294件(36.0%)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

職業(産業)ストレスモデルとしては、多くのモデルが提唱
→最も包括的モデル
→米国労働安全保健研究所(NIOSH)

職場のストレッサーの発生

|←個人的要因(年齢、性別、性格など)
|←仕事以外の要因(家族、家庭からの欲求など)
|←緩衝要因(社会的支援、家族など)

急性のストレス反応
(心理的反応、生理的反応、行動化)

疾病

(おなけん)

« ストレスによる健康障害メカニズム② | トップページ | ストレス関連疾患(心身症) »

メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅲ種-セルフケアコース) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10509824

この記事へのトラックバック一覧です: 産業ストレス:

« ストレスによる健康障害メカニズム② | トップページ | ストレス関連疾患(心身症) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック