無料ブログはココログ

« 文化の違い | トップページ | 36協定 »

カウンセリングとコーチングの違い

コーチング講座に通い始めました。
”初歩の初歩”の段階なので、まだまだ本格的なトレーニングではありませんが、受講者が1対1になって一方がクライアント役、もう一方がコーチ役になり、与えられたテーマについてクライアントが話し、コーチが意思決定や本当に言いたいことを明確化するような質問をしていく、という数分のトレーニングをやっています。
他の受講者(素人さん)に比べると、カウンセリングの訓練のおかげで「傾聴」はできるようになっていますが、チャンクダウン(話をほぐす、分解する)、チャンクアップ(話をまとめていく、要約させる)、スライドアウト(話題の対象を広げる)といったテクニックはなかなかできません。ついつい、感情に応答し、言いかえをして、要約するといったことをしてしまいます。
それでも、相手からは「話を聴いてもらえてよかった」と言ってもらえますが・・・・・・・。カウンセリングとコーチングの違いを体感しています。

(SYN)

« 文化の違い | トップページ | 36協定 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10324097

この記事へのトラックバック一覧です: カウンセリングとコーチングの違い:

« 文化の違い | トップページ | 36協定 »