無料ブログはココログ

« あがり症克服勉強会 | トップページ | 心の健康問題に関する近年の動向 »

心の健康問題への誤解

・心の健康問題は自分とは関係ない→×
-メンタルヘルス不全は誰しもがなりうる可能性あり
○将来の発症の予測→×
理由)①医学的に困難、②うつ病と親和性の高いとされている病前性格は組織人としての高い順応性・パフォーマンス源となりうるもので判断が困難、③過労自殺者の多くが直前まで「仕事ができる人」と評価されており、未受診

メンタルヘルス不全は、個人の問題ではなく、職場の問題として捉えることが重要

・睡眠を削って残業をするのは「美徳」→×
睡眠は重要
→「睡眠が健康な間はメンタルヘルスに深刻な問題を生じない」
睡眠時間:個人差はありますが、2日単位で12~16時間が必要

・メンタルヘルス不全は治らない→×
-例)「統合失調症は様々な経過をたどるが約3分の1は医学的にも社会的にも完全に回復する。初発患者の場合、早期に進歩した薬物療法と心理的ケアを受ければ約半数は長期にわたる完全な回復を期待できる」(WHO健康報告2001)

・メンタルヘルス不全は遺伝性疾患→×
-その人の病気へのなりやすさ(発症脆弱性)とストレスを引き起こす環境要因が複雑に絡み合って発生(『脆弱性ストレスモデル』)

(おなけん)

« あがり症克服勉強会 | トップページ | 心の健康問題に関する近年の動向 »

メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅲ種-セルフケアコース) 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10593341

この記事へのトラックバック一覧です: 心の健康問題への誤解:

« あがり症克服勉強会 | トップページ | 心の健康問題に関する近年の動向 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック