無料ブログはココログ

« 安全配慮義務 | トップページ | 自己管理 »

使用者とは

労働基準法では、「使用者」とは、第10条で「事業主または事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項ついて、事業主のために行為するすべての者をいう」とされています。
すなわち、「使用者」とは、その会社の労働者について、会社のために労働関係に関する行為を行うすべての者が該当します。したがって、社長、役員、部長、課長だけでなく、たとえ、係長・主任であっても部下を一人でも指揮命令すれば、「使用者」となることがあります。
一方、部長・課長であっても、単に上司の命令の伝達者であれば、使用者とはみなされません。

その一方で、第9条では「労働者」とは「事業または事業所に使用される者で、賃金を支払われる者」とされていますから、役職名にかかわらず「労働の対償」として「賃金」を支払われている者は「労働者」にも該当します(「労働者」に該当しない使用者とは、役員報酬だけを支払われている役員や個人事業主です)。

(SYN)

« 安全配慮義務 | トップページ | 自己管理 »

産業カウンセラーを目指す人のための労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10603804

この記事へのトラックバック一覧です: 使用者とは:

« 安全配慮義務 | トップページ | 自己管理 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック