無料ブログはココログ

« コミュニケーションの基本 | トップページ | 労働時間等設定改善法② »

労働時間等設定改善法

今年(2006年)の4月1日から改正労働安全衛生法が施行されましたが、同時に、「労働時間の短縮に関する臨時措置法」(いわゆる「時短促進法」)が改正され、名称も「労働時間等の設定に関する特別措置法」(「労働時間等設定改善法」)と改称され、施行されています。

事業主の責務として、業務の繁閑に応じた労働者の始業および終業の時刻の設定、年次有給休暇を取得しやすい環境の整備等に努める事が定められました。

また、労働時間等の設定にあたり、「健康の保持に努める必要があると認められる労働者」に対し休暇の付与を認めるほか、「子の養育または家族の介護を行う労働者」「単身赴任者」「自ら職業に関する教育訓練を受ける労働者」等の、特に配慮を必要とする労働者について、その事情を考慮するよう努めることとされました。

「・・・努めるものとする」という表現が多くてわかりにくいですね。試験対策的には、文末を「・・・しなければならない」に変えたひっかけ問題を作りやすいように思います。

(SYN)

« コミュニケーションの基本 | トップページ | 労働時間等設定改善法② »

産業カウンセラーを目指す人のための労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10438879

この記事へのトラックバック一覧です: 労働時間等設定改善法:

« コミュニケーションの基本 | トップページ | 労働時間等設定改善法② »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック