無料ブログはココログ

« 感情への応答 | トップページ | 意識化技法 »

意味への応答

応答技法の最後のステップは「意味への応答」です。

意味への応答とは、事柄と感情を結びつけ、そこに秘められている意味を明らかにすることです。そのために、ヘルパーは、事柄と感情を適切に捉え、ひとつにまとめ、別の言葉で言い表す必要があります。
例えば、
明日会社が休み(事柄)で、うれしい(感情)
彼女と別れ
(事柄)て、悲しい(感情)
という事柄と感情の関係があった場合、ヘルパーは、
「明日は会社が休みなので、あなたはうれしいのですね」
「彼女と別れて、あなたは悲しい気持ちなんですね」
というような形で言い換えし、応答するのです。
その応答が的確であったのなら、ヘルピーは自己探索を進めていくようになります。
大切なことは、ヘルピーの思考の枠組みに入って、ヘルピーの感情や話の内容を理解することです。応答の仕方は人様々ですので、ヘルパーに合わせるのではなく、それぞれのヘルピーに適した応答ができるようになる必要があります。
そのためにも、日常生活で練習をすることは有益でしょう。

最後に、ヘルピーがヘルパーに対して不安感をもっていると感じられるときは、以下のように応答してみるのも良いかもしれません。
「あなたは、私には理解できないと思って、私を頼りないと思っておられるんですね」

(ライフサポート・サークル おなけん)

« 感情への応答 | トップページ | 意識化技法 »

ヘルピング法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/9866207

この記事へのトラックバック一覧です: 意味への応答:

« 感情への応答 | トップページ | 意識化技法 »