無料ブログはココログ

« 意識化によるヘルピーの自己理解の促進 | トップページ | 問題の意識化 »

意味の意識化

意味の意識化とは、「ヘルパーがヘルピーの経験がヘルピーにとってどんな意味を持っているのかを、自分のものとして捉えること」です。つまり、「その状況がヘルピーにどう影響を与えているのか」ということを明確化することにです。

意味の意識化にあたっては、①ヘルピーの話のテーマの明確化、②ヘルピーの経験をヘルパー自身のこととして捉えること、③その経験がヘルピーにどのような意味があるのか、が大切なポイントです。

意識化技法を通じて、ヘルピーは経験を内面的に自覚し、自分の経験に対して責任を持つようになります。そして、その経験が自分にとって何を意味するのかがわかるにつれ、ヘルピーは自分がどうしたらよいのかがわかってくるのです。

「ヘルピーの話のテーマの明確化」にあたっての定型句として、「いつも状況が○○なので、あなたは○○なのですね」があります。例えば、「いつも会社内の人が協力的ではないので、あなたはイライラするのですね」。

「経験の内面化」にあたっての定型句としては、「あなたは○○なので、○○と感じているんですね」があります。例えば、「あなたは、社内の人が協力してくれないので、
イライラするのですね」。

最後に「経験の個人的意味の意識化」
にあたっての定型句としては、「あなたは(個人的意味)ということで、○○と感じているんですね」があります。例えば、「あなたは、自分の仕事を誰も手伝ってくれないので、イライラするのですね」。

言葉ではなかなか説明が難しいですが、大切なことは「ヘルピーの経験をヘルパー自身のものとして感じること」です。

(おなけん)

« 意識化によるヘルピーの自己理解の促進 | トップページ | 問題の意識化 »

ヘルピング法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/10095578

この記事へのトラックバック一覧です: 意味の意識化:

« 意識化によるヘルピーの自己理解の促進 | トップページ | 問題の意識化 »