無料ブログはココログ

« 人間観 | トップページ | ヘルピーの役割 »

援助過程の段階

援助の効果は、2つの要因(応答技法と行動化への手ほどき技法)から導き出されることが明らかとなってきました。しかし、これを闇雲に行ってもその効果は発現しません。
そこで、カーカフが提示したのが以下の援助過程の段階(プロセス)です。詳細については以降でみていきます。
ヘルピング法は、ヘルピーの役割(内面的成長技法)と、ヘルパーの役割(援助的人間関係技法)の関係を明らかにしながら、実際的で機能的な援助モデルを提示しています。


        事前段階   第1段階   第2段階    第3段階
ヘルパー かかわり技法  応答技法  意識化技法  手ほどき技法
           ↓  ↗    ↓        ↗   ↓   
↗   ↓ 
ヘルピー     参入     自己探索   自己理解   行動化
                   ↑

                          フィードバック

(ライフサポート・サークル おなけん)

« 人間観 | トップページ | ヘルピーの役割 »

ヘルピング法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/9747570

この記事へのトラックバック一覧です: 援助過程の段階:

« 人間観 | トップページ | ヘルピーの役割 »