無料ブログはココログ

« スローライフのすすめ | トップページ | カウンセラーに必要な条件② »

カウンセラーに必要な条件①

カウンセラーに必要な条件として、ロジャーズの説いた「受容」「共感」「自己一致」が良く挙げられます。
3つとも内容はわかりづらく、何となくわかっても今度は実際にそれを実現するのは難しいです。
今回は、「受容」について説明します(平木典子著「カウンセリングの話」参考)。
受容は、端的に言うと「人を大切にする気持ち」です。
そんなこと当然、あるいは簡単と思うかもしれませんが、カウンセリングの実習訓練をしていると価値観の違う人に出会う機会があります。そうすると、この人何を悩んでいるのか、考え方が少し違うのではないか、というときがあります。
そして、そんなことが頭をよぎると、相手にすぐ気づかれてしまいます。すると、カウンセリングは失敗する可能性が高くなります。
相手の気持ち・心をそのまま、あるがままに受け止めて、クライアントと向き合うことは、相手との一番最初の信頼関係づくりからとても大切なことです。
平木さんの本には、カウンセラーが受容を身につけるためには、「カウンセラーは自分自身が好きであることが必要である」と述べています。そして、「他人を好きになるには、まず、自分自身を好きであることが大切であって、他者受容は自己受容に始まることを忘れてはならない」と続けています。
これは、子供の教育も同じです。親が自分を好きでなかっり、あるいは自分に自信がなかったりしたら、子供は心のどこかで不安を感じるものです。そして、子ども自身が自信のない子供になっていく可能性があります。
カウンセラーは、何かに優れているとかではなく、ありのままの自分が自然に好きであるという態度を身に付けることが重要だということです。

« スローライフのすすめ | トップページ | カウンセラーに必要な条件② »

産業カウンセリング概論 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/7539278

この記事へのトラックバック一覧です: カウンセラーに必要な条件①:

« スローライフのすすめ | トップページ | カウンセラーに必要な条件② »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック