無料ブログはココログ

« 『 「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た』を読んで | トップページ | 組織介入の条件② »

組織介入の条件①

コミュニティ・アプローチに基づく組織介入にあたっては、企業トップのメンタルヘルスに対する問題意識と基本的姿勢が必要となります。メンタルヘルスを推進する力がないところにその必要性を訴えても進捗は難しいといえます。

以下では、そういう点も含めて、メンタルヘルス体制の組織への導入にあたっての必要事項を記します。

1)メンタルヘルスを担当する組織の存在が不可欠であることを認識させるために、それを理解させる努力が必要です。

・異質組織の存在が組織の活性化に影響を与えることがあるということを提示(組織論的認識の重要性)。

・「個人と組織」の双方の健康度が高められ、機能が強化されることを訴求。

-メンタル不全になった人を助けるだけではなく、その人のおかれている環境が改善されない限り、真の問題解決にはならないという視点に立つことが必要です。

2)メンタルヘルスがトップにとって重要な問題であるということを意識してもらう必要があります。

3)組織のキーパーソンをつかみ、トップへの働きかけをスムーズにできるルートを明確にする必要があります。

« 『 「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た』を読んで | トップページ | 組織介入の条件② »

人事労務管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/4941652

この記事へのトラックバック一覧です: 組織介入の条件①:

« 『 「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た』を読んで | トップページ | 組織介入の条件② »