無料ブログはココログ

« コミュニティ・アプローチ① | トップページ | 『 「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た』を読んで »

コミュニティ・アプローチ②

産業カウンセラーが、コミュニティ・アプローチ手法をもちいて組織への介入を行うためには、カウンセリングルームでクライエントを待つという「密室型」ではなく、必要に応じてそこから飛び出す「出前型」のカウンセラーになる必要があります。

そして、その場合には、複雑な人間関係をフォーカスしていく観察力と、そのなかでの関係調整をする能力が問われます。また、集団・組織・地域社会などのコミュニティで発生した諸問題の解決に向けて、実務者と研究者が共同で取組む実践的研究技法である「アクション・リサーチ」が重要になります。

コミュニティ・アプローチに基づく組織への介入・コミットメントにおいては、その介入プロセスが大切です。そのプロセスは、一般的には①問題の気づき→②介入計画の立案→③介入の実行→④結果の評価→⑤理論化、というサイクルになっています。

しかし、この一般的なプロセスに偏重することなく、情報の共有化と構成員の感情を含めた交流・相互理解ができているかを絶えず確認していくことが大切です。

« コミュニティ・アプローチ① | トップページ | 『 「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た』を読んで »

人事労務管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/4826865

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティ・アプローチ②:

« コミュニティ・アプローチ① | トップページ | 『 「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た』を読んで »