無料ブログはココログ

« 人間関係論-ホーソン実験- | トップページ | 近代モチベーション論 »

人間関係論-意義と限界-

意義

・テイラーによる科学的管理法を代表とする伝統的理論における機械人的人間観、経済人的人間観を否定し、これに代えて社会人的人間観という新たな人間観を確立しました。

・非公式組織(インフォーマル組織)の存在を発見し、経営組織におけるその機能を明らかにしました。

→人間関係論に基づく動機づけは、職場内に自然発生的に発生するインフォーマル組織に注目し、それが組織の構成員に及ぼす統制力や、組織に所属することによって働く人が得られる情緒的満足感・安定感を重視します。職場内の良好な人間関係に基づくインフォーマル組織ができることを促すことにより、働く人を職場の人間関係に適応させます。そして、インフォーマル組織をフォーマル組織に安定的に調和させて、モラールの向上を図ることを目指します。

※「モラール」とは、集団のメンバーが、協働を通じて人間的満足を得、その集団に帰属することに誇りをもって団結し、共同して目標達成に努力しようとする心理的態度のことです。

限界

人間関係論によると、働く人はインフォーマル組織に適応し、人間関係に満足すると協働意欲が刺激され、モラールが高まり、生産性が向上することになります。

しかし、職場での人間関係が良好であることは、労働意欲を高めはするが、そのことが生産性向上に結びつくという保証はありません。人間関係論は、良好な人間関係と良好な職場のシステムを明確に区別していなかったところに限界があったといえます。

« 人間関係論-ホーソン実験- | トップページ | 近代モチベーション論 »

人事労務管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/4592831

この記事へのトラックバック一覧です: 人間関係論-意義と限界-:

« 人間関係論-ホーソン実験- | トップページ | 近代モチベーション論 »