無料ブログはココログ

« 自殺者の発表 | トップページ | 産業カウンセラーの活動領域(2)~キャリア開発への援助~ »

産業カウンセラーの活動領域(1)~メンタルヘルス対策への援助(前回の続き②)~

前2回において、メンタルヘルス(対策)における①心の健康の維持・増進について述べましたが、今回は、②「メンタル不全」者の早期発見・治療、③職場不適応の防止、について説明します。

「メンタル不全」者の早期発見・治療

産業カウンセラーは、メンタル不全者・精神障害者を早期に発見して、産業医などの事業場内産業スタッフとの連携、あるいは都道府県産業保険推進センターなどの事業外資源の協力を得ながら、早期に対応することが大切です。

また、早期発見においては、心理テスト・検査の利用も有用です。当然のことですが、産業カウンセラーは、利用にあたって、利用するテスト・検査の実施方法等に習熟していなければなりません。

職場不適応の防止

心の健康の維持・増進や「メンタル不全」者の早期発見・治療をいくら行ったとしても、組織自体に問題がある場合には、それらの努力は無駄になってしまいかねません。そこで、産業カウンセラーは、組織や職場のどこにストレス要因などの問題があるのかを把握し、それを経営トップや管理監督者に報告することも重要な活動のひとつです。それによって、働く人の組織・職場が改善されていくことによって、職場不適応を防ぐことができます。 

また、産業カウンセラーは、部下の職場不適応への対応などについて、管理監督者が相談できる体制を準備し、ときにはアドバイスを行うことも必要です。

« 自殺者の発表 | トップページ | 産業カウンセラーの活動領域(2)~キャリア開発への援助~ »

産業カウンセリング概論 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108218/4390903

この記事へのトラックバック一覧です: 産業カウンセラーの活動領域(1)~メンタルヘルス対策への援助(前回の続き②)~ :

« 自殺者の発表 | トップページ | 産業カウンセラーの活動領域(2)~キャリア開発への援助~ »